肝臓(liver)について

エコー
スポンサーリンク



はじめに

ここでは肝臓について記載します。

  

スポンサーリンク

解剖

重さは成人男性で1.0~1.3kg、成人女性で1.0kg前後です。

門脈や肝静脈の走行によって8つの区域に分けられています(Couinaudによる分類)。この分類はエコーで病変の位置を指定する際に用いられているため、おおよその位置を把握しておく必要があります。

肝臓には毎分1400mlの血流が流入し、肝静脈から下大静脈に流出します。流入する血流に関してですが、正常な肝臓では門脈から70%、肝動脈から30%の割合です。一方、肝硬変などのびまん性肝疾患があると、門脈からの血流量が低下し、肝動脈からの血流が増加することが知られています。

肝実質は肝細胞と類洞細胞(内皮細胞とクッパ―細胞など)から構成され、門脈域には樹状細胞がみられます。

 


スポンサーリンク

機能

肝臓の機能は多岐にわたります。

栄養素の代謝

最も重要な機能として挙げられるのが栄養素の代謝です。

糖代謝(グリコーゲン合成、供給)、脂質代謝(リポ蛋白合成、コレステロール合成)、蛋白質代謝(蛋白質合成、アミノ酸供給)の3つが行われています。肝炎や肝癌などの存在により、肝細胞が正常に働かない状態では、これら栄養素の代謝が阻害されてしまうため、血液検査のあらゆる指標で異常値が表れます。

 

胆汁合成、分泌

肝臓では約600ml/dayの胆汁が生成、分泌され、肝臓内の毛細胆管を通って総肝管、総胆管に流出します。肝臓の異常により胆汁の合成、分泌が滞ると、ビリルビンの上昇として血液検査に表れます。

毒素の分解

体内に侵入した毒素(アルコールやアンモニア)は血液にのって肝臓まで到達し、肝臓で分解されます。肝機能に異常があると解毒作用が滞り、肝性脳症として症状が表れます。

ほかにも薬物代謝やビタミン・鉄の貯留などが肝臓で行われています。

 肝臓の機能が低下すると全身に異常が表れるため、日頃から肝臓に対しては敬意を払い、余計な仕事を与えないことが肝要です

エコー太郎

肝臓の機能が低下すると全身に異常が表れるため、日頃から肝臓に対しては敬意を払い、余計な仕事を与えないことが肝要ですね!

   

      


スポンサーリンク

各種肝疾患 

ここでは肝臓の疾患を列挙していきます。

各疾患の詳細に関して(できる限り)エコー像を交えて解説していきますので、リンクを参考にしてください。 


びまん性肝疾患

 ・急性肝炎

 ・慢性肝炎

 ・肝硬変

 ・脂肪肝

 ・Wilson病

 ・ヘモクロマトーシス

 ・日本住血吸虫症 


良性病変

 ・肝嚢胞

 ・肝血管腫

 ・肝膿瘍

 ・肝硬変による再生結節(liver cell dysplasia)

 ・限局性結節性過形成

 ・肝細胞腺腫

 ・血管筋脂肪腫(angiomyolipoma ; AML)

 ・炎症性偽腫瘍

 ・異型結節 


悪性病変

 ・肝細胞癌(hepatocellular carcinoma)

 ・Fibrolamellar carcinoma

 ・転移性肝癌(metastatic liver cancer)

 ・肝内胆管癌(intrahepatic cholangiocarcinoma)

 ・肝芽腫(hepatoblastoma)


※日々まとめていきますので、完成するまでかなりの時間がかかることになります。

 ご了承ください。

 

スポンサーリンク

おわりに  

肝臓の解剖、機能、各種疾患に関して記載しました。

皆様のご参考になれば幸いです。

閲覧いただきありがとうございました。

よろしければ応援クリックお願いします。記事作成の励みになります。

にほんブログ村 病気ブログ 臨床検査へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用へにほんブログ村 子育てブログ 子育ての豆知識へ

エコー消化器肝臓
スポンサーリンク
エコー太郎をフォローする
エコー太郎の備忘録
タイトルとURLをコピーしました