【つみたてNISA】証券会社の移管方法【野村→楽天】

資産運用

つみたてNISAの口座の移管方法に関しての話です。

2019年までは野村證券で運用していましたが、2020年からは楽天証券で運用をしてもらうことにしました。

2019年までに積み立てられた商品はこのまま野村證券で運用してもらい、2020年以降の積み立てを楽天証券で行います。

理由に関しては過去の記事に書いていますので、そちらを参照ください。

   

証券口座の移管方法は非常に簡単です。ただし、少々時間がかかるため早めに手を付けたほうがよいです。12月中旬以降に申請したとしても承認されない可能性があります。10月から12月が申請可能期間となります。できるだけお早めに

野村証券のオンラインサービスサポートダイヤルに電話連絡する。

「来年からNISA口座を別の金融機関に移したいので勘定廃止通知書を用意してください」と伝える。

1-2週間後に『勘定廃止通知書』が配達される。

   

楽天証券のウェブサイトにログイン後、「NISA つみたてNISA」→「口座開設・区分変更」→「NISA・つみたてNISA口座申込」→「NISA口座を他社から変更する」ボタンをクリック。

1-2週間後に楽天証券から【スターターキット】が配達される。

※②は①と同時に行ったほうが効率が良いです。

   

【スターターキット】に入っている『NISA口座開設のための申込書』と『勘定廃止通知書』を楽天証券に送付する。

※返信用封筒はスターターキットに同封されています。

   

ひたすら待つ。

終わり。

以上です。

非常に簡単に移管することが可能ですが、時間的な制約がありますので注意が必要です。

快適なつみたてライフを満喫しましょう!

   

   

よろしければ応援クリックお願いします。記事作成の励みになります。

にほんブログ村 病気ブログ 臨床検査へにほんブログ村 投資ブログ 資産運用へにほんブログ村 子育てブログ 子育ての豆知識へ

資産運用
スポンサーリンク
エコー太郎をフォローする
エコー太郎の備忘録
タイトルとURLをコピーしました